日本文化学科 授業ピックアップ

授業ピックアップ

日本のポップ・カルチャー

「文化」は私たちにとって何らかの価値や意味があるとされています。特に、私たちの日々の営みと地続きの地平に存在するマンガやアニメ等のポップ・カルチャーは、意識的にも無意識的にも私たちの生活様式や生活感情そのものに価値や意味をもたらすものであるといえ、私たちは嫌でもポップ・カルチャーの影響下にあるといえるでしょう。授業ではそうした視点に立って、2000年代(0年代)を中心とした想像力、表現力の有り様を検証することを通じて、私たちの現在地を確認します。カリキュラム上では「文化」の領域に設定されていますが、「文化」そのものの意味を問うことを目指しているので、どのジャンルに関心を持つ学生にも「文化学」の基礎として受講してもらいたいと思っています。


ライフデザイン・良く生きる

学生個々の「キャンパスデザイン」「キャリアデザイン」を充実したものとするための考え方やコミュニケーション力を身につけていきます。

また、「ライフデザイン・良く生きる」と大学図書館とのコラボレーション企画で『知的書評合戦ビブリオバトル』を開催。学生が本を持ち寄り、その魅力をプレゼンするコミュニケーションゲームです。参加者が「一番読みたくなった本」が「チャンプ本」に選ばれます。伝える力を育成します。


先輩と後輩が一緒に学ぶゼミ

2年次、3年次の学生がともに学びあえる複合学年ゼミとなっています。ここでは、先輩・後輩間で助言し、助言される関係が生み出され、自然に「面倒見」が発揮されます。助言される側がいつしか助言する側となり、「面倒見の良い先輩」へと成長していきます。