動画でみる聖学院大学~受験生の方へ

お知らせ

  • 聖学院大学は、2021年度から入試を一新します!

    高校生活での成果や課外活動、打ち込んだことなどを、本学がしっかり受け止めさらに伸ばしていき、その先の進路を支援します。
    皆さんの積み重ねた経験と明るい未来を繋ぐための入試を実現します。

  • 受験生向けオンラインイベント

    7/11(土)Live入試対策講座 詳しくはコチラ

    LINEチャット個別相談 詳しくはコチラ

    ZoomによるWeb個別相談 詳しくはコチラ

聖学院大学の学び方〜学部・学科紹介

政治経済学科

【政治経済学科】身近な問いから現代社会を考える

高校生の皆さんへ
消費税の増税や1 8 歳からの選挙権などは、皆さんの生活にも直接関わります。生活の中で「なぜ?」と感じた「問い」から出発して、国の思惑や経済への影響などを調べて考えるのが本学科です。

社会科学を構成する主要な6分野である「政治学」「経済学」「法律学」「社会学」「経営学」「情報学」をそろえており、現代社会をさまざまな視点から考える能力を身に付けることができます。カリキュラムは、6分野それぞれの基礎を学んだ上で専門分野を選択するよう編成しているため、入学後に自身の興味・関心を見定めることができます。また、複数の分野を連携させた学際領域の教育にも力を入れており、国際社会の平和を追求するグローバルな視点と、地域社会におけるまちづくりの実践につながるローカルな視点を獲得できるよう配慮しています。

学科HP https://www.seigakuin.jp/faculty/psed/

欧米文化学科

【欧米文化学科】国際的感性が育つ

高校生の皆さんへ
海外の文化は好きでも、英語の文法や単語を覚えるのは嫌いという人も。暗記の英語は受験用。大学の英語は世界とつながるため。だから映画や音楽が、もっと楽しめるようになります。

多様な文化が交流し共生する現代に、他文化を理解する力は必須の能力です。欧米文化学科は、そうしたグローバル時代を生き抜く人材を養うため、文化を深く理解することと、コミュニケーション能力を高めることを教育の二本柱としています。そして、それぞれに対し「グローバル文化コース」「グローバルコミュニケーションコース」という履修モデルを設定し、学生が求める学びを確実に積み重ねられるようカリキュラムを編成しています。さらに他コース科目履修や副専攻制度により、学びの世界を広げることも可能です。

学科HP https://www.seigakuin.jp/faculty/oubei/

日本文化学科

【日本文化学科】人間理解を深める「人文学」を学ぶ

高校生の皆さんへ
日本文化学科では、人文学を学びます。人文学とは、人間を理解するための学問。自分という人間も対象になり、あなた自身を入り口にして人間全体に視野を広げることができます。

現代のポップカルチャーを含めた日本の文化を「文学・語学」「歴史・思想」「文化論・比較文化」という切り口で考察します。日本文化の本質や価値を探るにあたり、グローバルな視点により客観視し、固有の価値を正しく評価する力を養います。併せて狂言や華道、落語などを実体験し、伝統的な日本文化ならではの魅力を感じ取ることも大切にしています。また、中学・高校の国語科教諭や日本語学校の教員や、図書館司書など、日本語や本に関わる仕事に就くための免許・資格の取得も支援しています。

学科HP https://www.seigakuin.jp/faculty/jp_cul/

児童学科

【児童学科】子どもはおもしろい

高校生の皆さんへ
ぐずったり笑ったり、はしゃいだり、じっと一点を見つめたり。子どもの表情や行動は多様に変わります。その様子を面白い・不思議だと感じたら、子どもの気持ちを感じて学ぶ心が芽生えた証拠です。

児童学科は、子どもの言葉、行動、心理などを理解することを学びの第一歩とします。保育士や幼稚園教諭、小学校教諭や特別支援学校教諭などの資格や免許状を取得する課程も、採用試験の対策だけに偏ることなく、子どもの世界への理解を前提とし、専門的な知識・技術を身に付けた大人がどのように関わり、一人ひとりの個性を育てるかという点を重視します。言葉の力を大切にしながら、言葉だけでは通じ合えない子どもと向き合う力は社会や企業からも注目され、近年は卒業後の進路の選択肢がさらに広がっています。

学科HP https://www.seigakuin.jp/faculty/jidou/

心理福祉学科

【心理福祉学科】共に生きる社会を目指す

高校生の皆さんへ
近くで困っている友達を見て、力になりたいと考えたことはありませんか。そのとき、本当に相手に響く言葉や行動は? という真剣な思いが、学びの第一歩になります。

心理学と福祉学を関連付けながら学びます。それぞれ独立している2つの学問に取り組むことで多面的な視点を養いつつ、人に寄り添い、その人らしい人生の実現を支援して、共に生きる社会の実現を目指します。心理学も福祉学も人と心理・社会的課題の理解を目指す点は共通していますから、学びを通して自分自身の発見につなげることもできます。心理・社会的課題に直面することが多い現代社会では、心理学や福祉学の専門知識を持つ人がさまざまな場面で求められています。大学での学びを社会に活かすことや資格取得・大学院進学を学科を挙げて応援します。

学科HP https://www.seigakuin.jp/faculty/shinrifukushi/


聖学院大学の2021年度<新入試>

【動画】聖学院大学の新入試をsimpleに解説します(simpleshow)

聖学院大学は、2021年度から入試を一新します!

総合型選抜

これまで実施してきた「AO講義型」「AOレポート型」「英語特別」の各入試を、それらの入試の特徴をいかしながら再編しました。この入試では「高校までに培った力」と「大学での学びへの意欲」を示すことがこれまで以上に重要になります。

一般選抜

独自の入試問題に加えて共通テストを導入し、また、受験タイプを多様なものにすることで、受験の選択肢が幅広くなりました。
 
 

学校推薦型選抜

これまで実施してきた「指定校推薦入試」「公募推薦入試」の選抜方法を見直し、学力の3要素や主体性、高校時代の取り組みについて評価する入試を実施します。