へー・アレーセイア・エリューセローセイ・ヒューマス

ミッション系大学ならではの名称の由来や、校章、校歌など、聖学院大学にまつわるエピソードをご紹介します。

へー・アレーセイア・エリューセローセイ・ヒューマス

聖書の「真理は、あなたがたに自由を得させるであろう。」(ヨハネによる福音書 第8章32節b)のギリシャ語原文がこの言葉です。

私たちは、自分を駄目な存在と決めつけ不自由になり、あるいは、自分を過大評価し背伸びをした窮屈な毎日を過ごしていないでしょうか。人間はこうした人間的先入見により不自由になっているのです。イエスは私たちが本当の真理を知って目からうろこが落ちるような体験をすることを望まれます。『聖学院大学の理念』第1条に、「自由と敬虔の学風」とあります。本学で真理を学ぶことによって、私たちが決してどうでもよい存在でないことを自覚します。また私たちが絶望的状況に置かれていても、必ずどこかに自由への突破口のあることを知ります。真理はあの「敬虔」の世界から到来します。私たちは本学で学ぶ自由人になっていきます。そしてまわりの世界をより真実に、より善く、より美しくするために、多くの自発的わざをなしていくのです。ここに充実した学びの場があります。