高校生対象「英語スピーチコンテスト」を 11月14日に開催します

高校生対象の第11回「高校生英語スピーチコンテスト」の本選を、11月14日(土)に開催します。

プレスリリース内容

クリックするとチラシをご覧いただけます
クリックするとチラシをご覧いただけます

 聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=清水正之)は、グローバル時代に求められる青少年の語学力育成を目的として、高校生対象の第11回「高校生英語スピーチコンテスト」の本選を、11月14日(土)に開催します。

 今年のテーマは「よく生きる-Living Well-」とし、スピーチ部門、暗誦部門の2部門を設けました。そして、暗誦部門の課題は、J.K.ローリングのハーバード大学卒業式祝辞からの抜粋です。
 予選ではスピーチ部門30名(22校)、暗誦部門46名(31校)、合計76名(延べ53校)の応募がありました。予選を通過した、スピーチ部門9名、暗誦部門6名が本選に臨みます。

 なお本コンテストは、埼玉県、さいたま市教育委員会、埼玉県教育委員会、上尾市教育委員会の後援をいただいております。本選の模様は、観覧も可能です(要申込)。

第11回「高校生英語スピーチコンテスト」(観覧受付)

  • 日 時 2015年11月14日(土)13:30~17:00
  • 場 所 聖学院大学チャペル(埼玉県上尾市戸崎1番1号)
  • テーマ「よく生きる-Living Well-」
  • 主催 聖学院大学  実施・運営 人文学部欧米文化学科
  • 後援 埼玉県 さいたま市教育委員会 埼玉県教育委員会 上尾市教育委員会

    ※入場自由(事前申込あり)・無料

    ※観覧希望者は、前日11月13日(金)までに国際交流・英語教育課メールでお申込みください。件名は「高校生英語スピーチコンテスト一般観覧申込」とし、①代表者氏名、②人数(内高校生人数)、③高校名(対象の場合)をお知らせください(メール送付先e_educate@seigakuin-univ.ac.jp)。来場された高校生の方には記念品を差し上げます。


概要

 予選では、スピーチ部門はスピーチ原稿と録音された音源、暗誦部門は録音された音源について審査し、予選を通過した、スピーチ部門9名、暗誦部門6名が本選に臨みます。(2015年度応募件数:スピーチ部門30名(22校)、暗誦部門46名(31校))

<スピーチ部門>(1)学長賞 1名 賞状、奨学金(10万円)、(2)優秀賞 1名 賞状、奨学金(5万円)、(3)奨励賞 7名 賞状、記念品。

<暗誦部門>(1)埼玉県知事賞 1名 賞状、奨学金(5万円)、(2)優秀賞 1名 賞状、奨学金(2万円)、(3)奨励賞 4名 賞状、記念品。


 

取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。

聖学院大学 広報局広報部 担当:栗原
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707
e-mail   pr@seig.ac.jp  ホームページ  http://www.seigakuin.jp

  • 【聖学院大学】1988年創立。政治経済学部(政治経済学科)、人文学部(欧米文化/日本文化学科)、人間福祉学部(児童/こども心理/人間福祉学科)の3学部6学科を設置。
  • 【聖学院大学大学院】1996年創立。アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科(博士前期・博士後期課程)、政治政策学研究科(修士課程)、人間福祉学研究科(修士課程)の3研究科がある。

関連情報はこちら