オリーブデスク(障害学生支援室)

障害や病気(一時的な病気、怪我も含む)などにより、修学において配慮を必要とする学生の相談窓口です。

オリーブデスクとは

 オリーブデスクでは、障害のある学生もそうでない学生も等しく教育を受ける権利が保障されるよう、様々な支援を行っています。

 学生本人・家族より、修学上の不安や必要とする配慮に関する話を伺い、ニーズの把握と支援内容の検討をします。また、支援の実施に向けて学内調整を行い、必要に応じて学内各部署や学外関係機関等と連携を図りながら支援を提供します。

支援の流れ

  1. 初回相談・支援申請
    • 支援の申請にあたり、オリーブデスクにてソーシャルワーカーが相談に応じます。支援を提供するためには、支援申請書に障害者手帳のコピーや診断書等を添付して提出していただきます。
    • 修学支援申込書 ⇒ 申込書PDF / ⇒ 記入例PDF
  2. 支援実施に向けての調整
    • ソーシャルワーカーが学生本人と面談し、支援内容について検討します。また、必要に応じて学科教員や各部署の担当者とも連携を図り、包括的な支援体制を構築します。
    • 支援内容が決定した後、支援の実施に向けた学内調整を行います。
  3. 支援開始
    • 授業における配慮を提供する場合は、授業担当教員へ「授業配慮願い」を配布したのち、支援が開始されます。また、定期試験における配慮が必要な場合は、「試験配慮願い」を配布します。。
    • 支援開始後も、支援内容について継続的に相談を行い、必要に応じて支援内容の変更を行います。

支援の対象

・聴覚障害  ・視覚障害  ・肢体不自由  ・発達障害
・精神障害  ・内部障害  ・怪我や病気

修学において不自由のある学生で、本人が支援を受けることを希望し、かつ本学において支援が必要と判断した学生を対象とします。

※上記に該当しない場合でも、お気軽にご相談ください。

支援内容

具体的な支援内容は相談に基づいて決定します。

共通の支援内容

  • 学生生活及び修学に関する相談
  • 授業、試験における配慮内容の関係者への伝達
  • 支援に必要となる学内調整
  • 支援機器の貸し出し、補助
  • 学内設備の改善

視覚障害

  • ガイドヘルパーの配置
  • 教材の拡大、フォント指定
  • 配布資料、教科書のテキストデータ化
  • 対面朗読

聴覚障害

  • PCノートテイカーの配置
  • 視聴覚教材利用時の配慮(要約資料の配布、文字起こし等)

肢体不自由

  • 学内の移動支援
  • 教室の配置調整
  • ポイントテイカーの配置
  • 専用ロッカーの貸し出し

発達障害、精神障害

  • 修学環境の調整

入学を希望する方へ

 入学後の学生生活に不安のある方などは、事前にオリーブデスク(障害学生支援室)にご相談いただくこともできます。

こんな時にご相談ください

  • 障害や病気があり、大学生活が不安
  • 授業ではどういったサポートが受けられるのか知りたい
  • 学内のサポート体制を知りたい

※オープンキャンパス、学内開催の入試相談会などでも相談に対応(不定期)しておりますので、詳細はオリーブデスクへお問い合わせください。

障害学生支援サポーター制度

 本学では、障害の有る学生の修学支援を担う学生サポータ(学内アルバイト)を募集しています。

 学生サポーターの皆様には、主に聴覚障害学生に対するPCノートテイク支援、視覚障害学生の各種教材のデータ加工などの業務を担っていただいています。

 興味のある方は、お気軽にオリーブデスクまでお問い合わせください。

問い合わせ

  • 窓   口 : 8号館1階学生課内
    学生課にて「オリーブデスクに相談」とお声掛けください。
  • 電   話 : 048-780-1802(学生課共通)
  • メ  ー  ル  : olivedesk*seigakuin-univ.ac.jp (「*」を「@」に変更してお送りください)
  • 窓口時間 : 平日9:00~17:00

※夏休み、冬休みなどの対応は個別に行いますので、事前にお電話でお問い合わせください。

バリアフリーマップ

img_olive02.jpg
画像をクリックすると拡大版画像が表示されます