国際的な感性をもった学生を育成

欧米文化学科は、グローバル時代にふさわしい国際的な感性をもった学生の育成を目的としています。聖学院大学の「面倒見の良さ」をコミュニケーション能力育成に活かし、一人ひとりに合った教育を行いながら、世界の社会事情や異文化交流、さらにはさまざまなメディア文化を学ぶことで、幅広い視野と行動力をあわせもった人材を育てます。

NEWS

公式ブログで留学レポートなど学生の声をお届けしています

学科長メッセージ

欧米文化学科長 D.バーガー

 欧米文化学科の使命はシンプルです。すなわち、学生のニーズに応えることです。そして、それを実現する最も良い方法は、今日の相互に関連し合う世界において、学生がグローバル市民としての役目を果たせるようになるためにその備えをすることだと私たちは考えます。

 そのためには幅広い知識が必要です。自国だけではなく、他国の言語、歴史、風習、伝統、考え方等の知識も獲得しなければなりません。私たち欧米文化学科は皆さんがこのようなグローバル市民になるための手助けをしたいと願っています。

 欧米文化学科ではグローバルリべラルアーツ教育-欧米と日本の言語と文化の知識習得-に力を注ぐことで、皆さんが卒業後に成功するための必要なスキルを育てることができるとを信じています。

学科の特色

「異文化理解」と「グローバルコミュニケーション」を軸に、グローバルな現代 社会にふさわしい多様な価値観を養います。

  • グローバル・コミュニケーション
    各種外国語や日本語表現、またTOEIC、TOEFLなどの資格対策科目を配置。英語だけでなく、ヨーロッパの諸言語や、日本語表現法まで幅広く学ぶことができ、また『Speech & Debate』や『映画を通して学ぶ文化と英語』などで、多彩な形で外国語に親しむことができます。
  • 異文化理解・文化表現
    「異文化理解」「現代社会事情」「表現文化」の3つの方向から、グローバル時代の文化を学んでいきます。『グローバル社会の倫理』『英語圏文化』『視覚文化』など、多彩な科目を通じて今日の文化のあり方を考えることができます。
  • 学ぶ力・発信する力
    4年間のゼミや各種演習を通じて、基礎的な学力や発信力を養っていきます。ゼミ形式の授業ではプレゼンテーションや資料調査などを通じて、能動的な学びを身につけることができます。また『社会人のための表現力演習』のような実践的科目も用意しています。

学科の学び

いろいろな学科があって選択に迷ってしまうけど、どこが違うのだろう。その学科が力を入れていることやカリキュラムが知りたい。

教員紹介

先生は学生とどう向き合い、何を目指して教えてくれるのだろう。この分野に進むために役立つ「オススメの1冊」も教えてほしい。

ゼミ一覧

高校には無かった「ゼミ」って、いかにも大学生らしい感じがする。何年次から学べるの? どんなテーマのゼミがあるのかな?

授業ピックアップ

基礎から専門科目まで、講義や体験的な授業が幅広くあるみたい。「こんな事も学ぶの?」って、ちょっと意外な授業もあるらしい。

トピックス

なぜ「面倒見の良い大学」「入って伸びる大学」と評価されているの? その学科ならではの特色ある取り組みも知りたい。

留学

留学を通じた海外体験ができることが学科の大きな魅力。独自の認定校や奨学金を用意し、準備段階から教員がしっかりサポート。

カリキュラム

資格・就職

取得できる資格

  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 小学校英語指導者資格 ※1
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 日本語教師資格 ※2
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  1. 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)認定
  2. 法的資格ではありませんが、「日本語教員養成課程」で必要科目を修得することで本大学の修了証明書が取得可能になります。

想定される進路

  • 流通、販売業界や出版業界
  • 旅行、観光業界や航空関連業界
  • 外資系企業や商社
  • 中学・高校教諭、児童英語指導者または日本語教師
  • 公務員
  • 大学院進学
  • 留学

学生インタビュー

欧米文化学科SNS