新学期開始に合わせ、キャンパスの整備、コンビニ等アメニティの充実の他、朝食サービスを実施

9月22日より新学期が始まりました。秋学期の開始にあわせ、学生の修学の向上を目的に、キャンパスの整備およびアメニティの充実と朝食サービスキャンペーンを実施します。

聖学院大学では9月22日より秋学期が始まりました。新学期開始に合わせ、キャンパスの整備、コンビニ等アメニティの充実の他、朝食サービスを実施。 学生がより学びやすく生活しやすいキャンパスとします。

聖学院大学( 所在地:埼玉県上尾市、学長:姜尚中)は、夏休みを終え、9月22日より新学期が始まりました。秋学期の開始にあわせ、学生の修学の向上を目的に、キャンパスの整備およびアメニティの充実と朝食サービスキャンペーンを実施します。

まず、キャンパスの整備およびアメニティの充実については、学生が修学するにあたり、より学びやすい環境とすることを目的としています。
具体的には、1)図書館棟前の芝生ゾーンを拡げベンチを増やし、緑豊かな中で学生が集える環境とすること、また図書館棟への通路をインターロッキングに張り替え明るくします。2)アメニティの充実として、コンビニの売場を2倍に拡げサービスを充実させるほか、書店を設置(10月1日オープン予定)。その他、学生アンケートを実施したうえで、キャンパス内のトイレの改修工事を進めています(11月完成予定)。

朝食サービスの学生応援キャンペーン『朝得サービス』については、授業開始日の9月22日から15日間、午前8時から1時間、1日50食、各メニュー100円で実施します。春学期実施の際には16日間で合計467食の実績と大変好評でした。

なお朝得サービス期間中には、図書館も通常より30分早く開館します。新学期開始に伴い、朝の1限授業前の1時間を有効活用し、規則正しい生活のリズムを作り集中して授業等に取り組んでもらうことを目的としています。

 

1.キャンパスの整備・アメニティの充実

  • 図書館棟前の芝生ゾーン拡大・ベンチ増設置:9月末完成予定
  • 4号館と図書館棟との通路インターロッキング整備:8月中旬完成済
  • 4号館1階コンビニエンスストア、書店:10月1日オープン予定
    ※品数増加のほか、公共料金の支払いや電子マネーの使用、100円コーヒー販売等のサービスが加わります
  • 2号館2階・3階トイレ改修:10月末完成予定

2.学生応援キャンペーン『朝得サービス』

  • 実施期間: 2014年9月22日(月)~10月10日(金) 合計 15日間
  • メニュー例: イ)オムレツ、サラダ、オレンジ、ご飯、味噌汁
                  ロ)焼き魚、卵、サラダ、漬物、ご飯、味噌汁
                  ハ)フレンチトースト、サラダ、スープ 等
  • 提供食数と金額: 50食限定(一日) / 100円(一人一食に限ります) 
  • 提供時間: 午前8時~9時
  • 場所: 聖学院大学エルピス館食堂(北キャンパス)

    ※同期間中、図書館は8時15分より開館(通常より30分早く開始) 

 

  • 取材のお申し込み、お問い合わせは下記へお願いします。

【お問い合わせ先】 聖学院大学 広報局広報部 担当:栗原
電話(ダイヤルイン) 048-780-1707
e-mail   pr@seig.ac.jp  ホームページ  http://www.seigakuin.jp

  • 【聖学院大学】1988年創立。政治経済学部(政治経済学科)、人文学部(欧米文化/日本文化学科)、人間福祉学部(児童/こども心理/人間福祉学科)の3学部6学科を設置。
  • 【聖学院大学大学院】1996年創立。アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科(博士前期・博士後期課程)、政治政策学研究科(修士課程)、人間福祉学研究科(修士課程)の3研究科がある。

関連情報はこちら