「ともに生きる」社会の実現を目指して学ぶ
心理福祉学部 心理福祉学科 2018年4月開設予定【設置構想中】

※学部学科の概要は予定であり、変更になる場合があります

現在の人間福祉学部の「人間福祉学科」と「こども心理学科」を統合して心理福祉学部心理福祉学科をつくります。
子どもから高齢者まで、健康な人もそうでない人も、ともに生きる社会の実現を目指し、それに貢献できる人材を育てる学科です。
心理と福祉の両サイドから学び、トータルに人と社会について考える力をつけていきます。

心理福祉学科の学び

人と社会を
理解する
主なカリキュラム
⚫️心理学概論 ⚫️健康心理学
⚫️カウンセリング心理学
⚫️発達心理学 ⚫️家族心理学
⚫️現代社会と福祉 ⚫️相談援助の基盤と専門職
⚫️高齢者に対する支援と介護保険制度
⚫️精神保健福祉援助演習(基礎)
⚫️スクールソーシャルワーク論
⚫️ボランティア実践論

 

 

多様化、複雑化する現代社会を生き抜いていくこと、また周囲の人びと、特に困難を感じている人びとに寄り添い支えることに役立つのは、心理学や福祉学に支えられた知識・実践です。

心理学を学ぶことは自分自身を見つめ、他者を理解するとともに、コミュニケーション力を身につけ、人を深く理解できるようになるということでもあり、その知識や技術は学校や病院、一般企業など、さまざまな場面で応用されています。

また、心理学の学びとともに社会福祉学を学ぶことにより、現代社会の課題を的確に見出し、誰もがともに幸せに生きる社会の実現をめざすための知識と技術を身につけることができます。そして、その学びが、やさしい街づくりや暖かい人間関係の形成、将来の社会における様々な場面での、みなさんの活躍につながっていきます。

お互いの違いを認めあい、尊重しあい、なおかつ主体的に生きていく中で、一人ひとりが真に豊かに暮らしていける「共生社会」の意義を理解し、その実現をめざす学び。あるいは「人がともに生きていくには」「人間とは何か、幸せな社会とは何か」という問いに常に立ち返り学習と研究、体験をするような学び。心理福祉学科はそのような学びを通して、人をサポートできる人、ひとの役に立つ人、心理と福祉の学びを社会のさまざまな場面で活かす人を育成します。

資格取得はもちろん幅広く活躍できる力を養います。

資格取得をめざすのであれば、ソーシャルワーカーとなる「社会福祉士」「精神保健福祉士」、心理学の基礎から応用までを学んだ証明となる「公認心理師(受験資格)」などの選択肢があります。一方、資格にこだわらずにゆっくりと幅広い学びを選択することもできます。また国家試験合格に向けた学科独自のプログラムも用意。親身で丁寧な指導で成果を上げています。

「こころ」を理解するための基礎と実践を学びます。

実験や観察から得られたデータを適切に分析する方法など心理学の基礎をしっかりと習得。「こころ」に対する理解を十分に深め、実践力を身につけていきます。また社会のなかでの心理学の位置づけやほかの学問分野との関連性も重視。環境・文化・思想など人間を取り巻く社会全体にも目を向け、柔軟な思考力と健全な判断力をもった豊かな人間を育てます。

一般企業や公務員など分野を超えて社会貢献が可能です。

現代人の心の課題を学び、「福祉のこころ」を身につけた卒業生は、一般企業などさまざまな分野で大いに活躍することができます。心理福祉学科の母体であるこども心理学科と人間福祉学科の卒業生は、カウンセリングやコミュニケーションのスキルを生かして、小売業や商社、製造業といった一般企業、NPOなどの国際機構などで活躍しています。心理学や福祉の専門職以外でも、お互いを尊重し支えあう「そっと寄り添う姿勢」「福祉のこころ」は社会から必要とされているからです。もちろん、、福祉関係の施設・機関で専門職として活躍している卒業生はたくさんいます。

社会環境が求める「心のケア」を学びます。

自然災害やこどもが巻き込まれる事件が多発し、社会環境はこどもに多くのストレスを与え、時に健全な成長が難しい状況を招きます。こういった問題に対応するために、心理学の専門知識や技能に基づき、ケアすることを学びます。また、聖学院教育憲章に謳われている「Only one for others」の精神に基づき、ボランティア論、ボランティア実践論などを通じ、人に奉仕する精神を学びます。

人と社会を理解するための体験型学習を重視します。

福祉の現場では、教室の学習とは質も量も違うさまざまなことを学ぶことができます。このため心理福祉学科では多岐にわたる体験型学習プログラムを用意しています。障がいをもつ人や高齢者との交流のなかで学んだことと講義の融合を図り、人と社会に関する理解を深めます。さらにこうした体験から生まれた感情を言葉にすることを重視。「地域とつながる」「人が人として出会う」「いまを真剣に生きる」ことの意味を考えます。

資格

取得できる資格

  • 社会福祉士(国家試験受験資格)
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)
  • 公認心理師(受験資格) ※1
  • 認定心理士(日本心理学会が認定する資格)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 児童指導員任用資格 ※2
  • 児童福祉司任用資格(一年以上の実務経験)
  • 図書館司書資格
  1. 公認心理師の国家試験受験資格を取得するには、大学での課程に加え、大学院で公認心理師となるための課程を修了するか、大学卒業後に一定の実務経験を得ることが必要です。
  2. 児童福祉 施設などで「児童指導員」として勤務する際に必要となる資格

就職

将来の活躍する分野

  • 地方自治体(公務員)
  • 病院(カウンセラー、医療ソーシャルワーカー、事務)
  • 学校(スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー)
  • 福祉施設・福祉機関(相談員、支援員など)
  • 児童福祉施設・機関(カウンセラー、相談員、指導員)
  • 一般企業・福祉関連企業(企画、人事、営業、事務など)
  • NPO・NGO
  • 大学院進学