聖学院大学における個人情報保護に関する基本方針

聖学院大学は、本学の基本理念に則り、「個人情報の保護に関する法律」(平成15年5月30日法律第57号。2005年4月1日から全面施行)が定める個人情報取扱者として、在学生、卒業生、保証人、教職員その他一切の個人情報を適切に取り扱うために、以下のように基本方針を定めます。

  1. 個人情報の取得と利用
    個人情報は、収集の目的を明らかにした上、業務上必要最小限の範囲で、適正な手段により収集します。また、本学の教育研究機関としての諸活動に必要な業務を遂行するために利用する以外、収集目的の範囲を超えて個人情報を利用させたり、学外に提供することは原則として行いません。なお、取得した個人情報の利用目的を変更した場合は、変更された利用目的について、本人に通知又は公表します。

  2. 個人情報の適正・安全な管理
     個人データの漏えい、紛失又は破壊、改ざんの防止、その他安全管理に必要な適切な措置を講じています。学内関係者および委託業者に個人データを扱わせる場合には、該当者の個人データの安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行っています。

  3. 第三者への個人データ提供の制限
     個人データは、あらかじめ本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。ただし、(1)法令に基づく場合、(2)個人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合、(3)個人を識別できない状態で開示する場合、(4)その他学長が特に必要であると認めた場合はこの限りではありません。

  4. 個人データの開示
     本人から当該本人が識別される個人データの開示を求められた時は、本人に対し遅滞なく当該個人データを開示します。ただし、開示しないことが相当である時は、個人データの全部又は一部について開示しないことがあります。その際、本人に対して遅滞なく理由を付してその旨を通知します。

  5. 個人情報の利用範囲
     在学生、卒業生、及び入学予定者並びにその保証人等の個人情報は、以下の通り、本学の教育研究活動及び学生支援に必要な業務を遂行するために利用します。

    (1) 入学関係
    (2) 修学関係
    (3) 学籍関係
    (4) 学生生活
    (5) 進路関係
    (6) 施設利用
    (7) その他、大学・法人関係諸団体の要請による発送業務代行等の諸広報活動

  6. 学内関係者に対する教育
     聖学院大学では、個人情報保護の重要性を認識し、個人の人権や利益が侵害されることのないよう研修等による啓発を講じ、学内関係者の情報倫理意識の高揚に積極的に取り組みます。

  7. 個人情報保護の組織・体制
     個人情報保護に関する相談窓口(大学事務局学務部学生課)
    TEL:048-780-1802
    FAX:048-780-1804
    E-mail:stuaffairs@seigakuin-univ.ac.jp