小学校巡回指導教員 子どもと共に成長し続ける!

光の園保育学校 勤務
河野 百香さん(2019年3月児童学科卒業)

光の園保育学校 勤務
河野 百香さん
(2019年3月児童学科卒業)

学生時代に
「自分の目指す保育」が明確に!

幼稚園に通っていた頃、先生のことが大好きで、それ以来ずっと幼稚園の先生になることが夢でした。転機は4年次の実習でした。幼稚園と保育所の両方の実習を経験しましたが、保育所実習が驚くほど楽しく、子どもたちと1日を通して生活を共にできることに大きな魅力を感じ、保育士へと志望が変わりました。その時の実習先は、私に合いそうな保育内容だからとゼミの先生が勧めてくれたのですが、子どもがのびのびと成長できる「自由保育」という園の方針にもとても共感し、就職を決めました。児童学科での学びや実習を積み重ねることで、「自分が目指す保育」が明確になっていき、さらに自分の理想に合う保育の現場に出会えました。

子どもに対して
一人の人として向き合います。

児童学科のゼミや授業では、子どもの様子をビデオで観たり、子どもが登場する物語を読んだりし、仲間と意見交換をしながら子どもの気持ちを読み解いていきました。子どもに対して一人の人として向き合う姿勢が身に付き、自分の強みとなっています。今、子どもへの情熱をもった同僚たちと意見を交わしながら保育に取り組む毎日が充実しています。これまでは3歳未満児を受け持ってきました。「“せんせい”と呼んでくれた」「靴が履けた」…その子どもの“はじめて”に立ち会えることは喜びです。一方、行動の幅が広がりダイナミックに遊びが展開する幼児の保育にも興味があります。いずれは全学年を担当し、子どもについての理解をもっと深めていきたいです。