人間福祉学科 教員紹介

教員一覧

【あ】 相川 章子 教授 精神保健福祉、ソーシャルワーク
【い】 五十嵐 成見 人間福祉学部チャプレン
助教 
 
【お】 小沼 聖冶 助教  
【こ】 古谷野 亘 人間福祉学部長兼人間福祉学研究科長
教授
社会老年学、調査研究法
【た】 田村 綾子 学生部副部長
教授
精神保健福祉、ソーシャルワーク
【な】 中谷 茂一 人間福祉学科長
教授
子ども家庭福祉、家族社会学
中原 純 准教授 社会心理学、老年心理学
【は】 長谷川恵美子 教授 臨床心理学、医療心理学
長谷部雅美 助教 高齢者福祉、地域ケア
【ほ】 堀 恭子 准教授 生涯発達心理学、臨床心理学

 

クローズ・アップ!

田村 綾子 人間福祉学科/教授

誰もが暮らしやすい社会の実現へ

「私、進路について悩んでいるの」。こんな相談を受けたら、あなたは何と答えますか?「じゃあ『福祉』の学科が良いよ」とか「先生に相談したら」とか「自分のことは自分で決めなきゃダメだよ」という答え方もあるでしょう。でも、よく考えてみましょう。相手はあなたに相談に乗ってもらいたいのです。相談とは、どうしたら良いかわからないことを一緒に考えてもらうことです。では一緒に考えるとはどういうことでしょうか。その人が暮らしてきた歴史や家庭環境や地域性、得意なことや苦手なこと、抱えている障がいや病気などを理解して受け止め、気持ちに寄り添う姿勢です。そしてその人が希望を見出せるように考えるサポートをします。でも、本人の努力だけでは変えられない現状や社会に潜む問題が邪魔する場合もあります。そうした面にも目を向け、誰もが暮らしやすい街や社会を作るために人と環境をトータルで理解し働きかけることもソーシャルワークです。
さあ、ソーシャルワークを学び、たくましくしなやかに生きる想像力と創造性を身につけましょう!


心理学・カウンセリングも学びます。

心理学は、ひとの心や行動が関わることすべてが研究対象となる学問で、ひとへの理解を深められる魅力的な学問です。人間福祉学科では社会や現場で「ひとをサポートする」とはどういうことか、よりよい支援のためにはどうしたらよいのかを学び、時には体験しながら考えていくことを目的にしています。授業では心理学の基礎的な知識を、授業と実習を通して学ぶとともに、心理学研究法や統計など科学的な研究を行うための手段も学び、実際に自分で研究計画を立て、実験をしたり、データを集めたりして分析するという研究の実習も行います。