迷ったときに相談できる環境で、保育の実習を重ねることができます。

【インタビュー】迷ったときに相談できる環境で、保育の実習を重ねることができます

高橋晃大 さん(児童学科2016年3月卒業)

中学生の頃、保育所や幼稚園の仕事を見学する授業があり、そこで働くみなさんの顔がとても輝いて見えたので、いつか自分も保育の仕事に就きたいと思うようになりました。
聖学院大学は、オープンキャンパスの際に先生や先輩方と直接話をして、ここなら迷ったときに相談できる環境があると思えたので入学を決めました。児童学科では、特に子どもを取り巻くさまざまな環境を学ぶことができ、コミュニケーション力も身につきました。

4年間の学びのなかで、一番印象に残っているのは幼稚園教育実習です。子どもとふれあう楽しさばかりでなく、その責任の重さを実感することができました。