児童学科 トピックス・コラム

学ぶ力を高めるアクティヴ・ラーニング

海外児童学研修、聖学院アトランタ国際学校での海外研修

日本とは言葉も文化も異なる環境での研修・実習は、保育・教育を広い視野から捉えなおす貴重な機会となり、学生たちに多くの成果や満足を与えています。


ココが「面倒見のいい大学」

附属小学校における基礎実習の充実

学外実習の前に附属小学校などを見学し、子どもの活動場面の見方、記録の方法やまとめ方、さらには実習時のマナーについて学び、事前の準備をしっかりと行います。


ココが「入って伸びる大学」

専門職として通用する「書く力」「話す力」の養成

基礎実習の実習記録をはじめとして指導案など、多岐にわたる文章作成力を教員が指導します。また、教室での模擬授業や実習先での現場実務を通じて、子どもたちに実際に伝わる表現力を育みます。


地域に貢献するイベントやボランティアを通じて学ぶことがあります

みどり幼稚園、聖学院小学校でのボランティア

希望する学生には、大学附属のみどり幼稚園(お泊り保育やバザー等)、聖学院小学校・聖学院幼稚園の行事(聖学院フェア)にボランティアとして参加し、子どもたちと直接かかわる機会を多く設けています。子どもたちと直接触れ合うことで 「子どもをもっとよく知ろう」という思いと、子どもと関わることの楽しさを感じるよい体験の場となっています。


子ども大学あげお・いな・おけがわ

埼玉県では、県下の大学や市町村等と連携を通じた「子ども大学」を開催しています。小学4~6年生を対象にした講座で、子どもたちへの学びの支援を通じて、教えることの難しさや楽しさを学んでいきます。
ハンドベル部による演奏、講演、「ユニバーサルデザインクイズ」、ワークショップなどが行われました。