深い知識と、広い心をもった「子ども」のプロフェッショナルを育成

キリスト教の子ども観や教育観を基礎に、保育・教育、心理、文化、福祉などのさまざまな角度から児童学を学び、子どもたちの「育ち」にふさわしい環境をつくることができる実践者を育成します。子どもに寄り添いながら、その思いを深く理解し、子どもとその家族の良きパートナーとなる保育士、幼稚園教諭、小学校教諭になることをめざします。

 

*2018年4月の組織改正により人間福祉学部児童学科は人文学部児童学科になります。このため、人間福祉学部児童学科としての学生募集は行っていません。
進学をご検討の方は、人文学部児童学科のページをあわせてご覧ください。

学生インタビュー