2014/7/12、8/9サマースクール(報告)

日程
2014年8月9日(土)
時間
10:00–15:00
会場
聖学院大学
01IMG_7285.JPG

サマースクール報告レポートをご紹介します

報告レポート

7月12日(土)と8月9日(土)に、高校生を対象に行われたサマースクール。
多くの高校生が、大学生になった気分で、一日大学の学びを体験しました。 

好評につき、追加開催決定! 
● 9月23日(火・祝)サマースクール「考える力をつけるクラス」(※定員40名)
詳細はこちら>>>

 


 

7月12日「姜先生と学ぶ」クラス

午前は、聖学院大学学長 姜尚中先生による講演が行われました。
講演「地球の裏側から見えること」では、2000年に起こった、アルゼンチンでの経済危機を例に、生活の基盤や福祉が機能しなくなるとどうなるか、どんな社会が望ましいか、といった話を展開。
姜先生が受講生に質問を投げかける場面や、受講生からの質問に答えるなど、白熱したやり取りが繰り広げられました。


午後は講演を受けて、「ワールドカフェ」という対話形式を使ってのディスカッション。
ワールドカフェでは、模造紙に意見やポストイットを貼りながら、「こうだったらいいなと思う社会」というテーマのもと、学生スタッフと受講生が話し合いを行いました。
この日のサマースクールには、約50人の受講生が参加し、初対面ながら意見を出し合い、考えること・対話の楽しさを体感しました。


「姜先生と学ぶ」クラス受講生の声

  • 少し難しかったけど、興味深い話が聞けてよかった。午後は皆で話し合えてよかった。しっかり自分の意見を持って生きていきたい。
     
  • 色々な問題提起に対して、人それぞれの答えがあっていいのだと教えていただき、とてもよかった。今後も自分なりに考えていきたいと思った。
     
  • 自分の高校から離れ、いろんな高校の人と交流し、1つ学べたのが自分の考えは否定しないというのは大事だと思った。今まで、自分間違っているんじゃないかとかいろんな事を考えて、自分の意見は閉じ込めていたので本当に素晴らしいなと思った。みんな視野が広いと思った。新しい自分が見えて嬉しかった!
     
  • とても楽しかった。普段生活している中で、なかなかいろんな境遇、いろんなバックグラウンドを持った人達としゃべれる時間はめったにないけれど、今回はそれができたのでよかった。姜先生と直接、お話ができてとてもよかった。
     
  • ”自分の持っているイメージを否定しなくていい”という姜先生のことばに安心した。姜先生にお会いできて本当に良かった。


8月9日「考える力をつける」クラス 

hakken聖学院大学非常勤講師 大槻岳先生による「考える力をつけるクラス」(小論文講座)では、文章の構成・課題文のとらえ方などを一日かけて学びました。

約90名の高校生が受講し、受講生には、志望理由書の作成にも役立つ「自分の強み発見シート」をプレゼント。

クラスではシートを実際に使っての講義や、実際に小論文に取り組みました。受講生が書いた小論文は、添削をして後日返却いたしました。

※9月23日開催「考える力をつける」クラスでも、受講された方にこちらのシートをプレゼントいたします。




 

「考える力をつける」クラス受講生の声

  • 小論文が苦手で書き方がよくわからなかったけれど、受講後、書き方の流れが理解できた。志望理由書も添削してもらえたので、とても助かった。
  • 学校で習ったよりも細かい所までしっかりと気を付けるべき点を教えてもらえたのでとても助かりました。また家でも練習して上手に書けるようになりたいと思います。
  • 志望理由書の詳しい書き方が分かってよかった。これから調べなければいけないことが沢山あると分かった。
  • 私は2年生ですが、3年生に向けて本当に役立ちました。
  • このクラスを受けるとの受けないのでは、差が生まれると思った。とてもためになるクラスだった。

当日の様子 ※写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます


 

関連情報はこちら