単位制・単位の修得について

【2】単位制について

 本学では、大学設置基準に基づく単位制度を採用しています。単位制というのは、開設されている科目のうちから所定の科目を履修し、科目ごとに定められている単位を修得して、4年間の在学期間中に卒業に必要な単位を修得していく制度です。

各授業科目の単位数は、1単位の授業科目を45時間の学習を必要とする内容をもって構成することを標準とし、授業の方法によって、当該授業による教育効果、授業時間外に必要な学習等を考慮して、次の基準から単位数を計算するものとします。

  1. 講義については、15時間の授業をもって1単位とする。
  2. 演習については、30時間の授業をもって1単位とする。ただし、別に定める授業科目については、15時間の授業をもって1単位とする。
  3. 実験、実習および実技については、45時間の授業をもって1単位とする。ただし、別に定める授業科目については、30時間の授業をもって1単位とする。
  4. 卒業論文、卒業研究、卒業制作等の授業科目については、これらの学習の成果を評価して単位を授与することが適切と認められる場合には、これらに必要な学習等を考慮して、単位数を決めることができる。

【3】単位の修得について

 履修登録した科目の単位を修得するためには、全授業の2/3以上の出席が必要です。授業によってはさらに多くの出席が必要とされる場合があります。試験については、学生要覧「単位認定に関する内規」を参照してください。

 なお、一度単位を修得した科目については再度履修することはできません。

関連情報はこちら