トップページ > 教員一覧 > 村上公久先生

教員一覧

教授 村上 公久


専門分野

森林資源学(Forest Resources)専攻、森林水文学、砂防工学(関連分野)、統合流域管理、熱帯林保全、水資源管理、国際協力

研究テーマ

<長期研究テーマ>
1)森林への人為が土壌浸食、水流出に及ぼす影響(1975年~)
2)統合流域管理における森林保全(1977年~)
3)開発途上国における森林保全に関する技術(1981年~)
4)熱帯林修復に関する技術的研究(1979年~)
5)熱帯林消失の実態の解明に関する研究(1979年~)
6)環境史(環境保全の歴史、USAにおける国立公園の創設)(1982年~)
7)人口支持装置としての文明に関する研究(1989年~)

<短期研究テーマ>
1)「熱帯地域の森林の劣化・減少に関する研究」
対象地域:東南アジア地域のうち、フィリッピン共和国内ルソン島山岳森林地帯についてリモート・センシングによる基礎データの収集と解析。当該年度は、ルソン島カガヤン流域およびパンパンガ流域の森林劣化状況の調査。(本調査は、JOFCAとの共同調査研究)

2)「国際協力ミュ-ジアム」構想に関する研究
大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館の基本構成に関する研究および、オランダ国王立熱帯研究所付属熱帯博物館における対途上国国際協力のための国際理解教育の研究(東京学芸大学 大学院 環境教育施設 吉冨友恭 准教授との共同研究 継続)

3)NGO活動「REFOR(熱帯林再生研究者連合)による国際研究」(1991年3月~継続)
「細胞組織培養による苗の育成、菌根菌による稚樹の活着化、を中心としたバイオテクノロジ-による熱帯広葉樹林の再生に関する研究」 13ヵ国共同研究プロジェクトの総括責任(1992年5月~継続)組織代表

4)NGO活動「図書館船プロジェクト」Library Boat Projectの研究
途上国の過疎地、特に離島への図書館機能の提供問題に関する研究と実行方策の検討。本プロジェクト実行のためのNGO組織の運営(1996年1月~会員数270名 代表 村上)
Bahasa Indonesia による出版計画のフィージビリティスタディ継続

5)「人口支持装置としての文明 の考察による、文化と文明の再定義に関する研究」

6)埼玉県上尾市の環境審議会(会長 村上)における上尾市の自治体としての地球温暖化対策の策定。「 『上尾市環境基本計画』に規定された上尾市の環境監査の実施に当たっての複数の施策の比較 」研究

7)環境史-フェ-ズⅢ(継続)国立公園を世界最初に提唱したGeorge Catlin のアメリカ先住民族の自然観の研究

8)「世界観と環境思想史の連関に関する研究」オックスフォード大学 神学部研究所イアン・ラムジー センターにおける共同研究(「宗教と科学」に関する共同研究 イアン・ラムジー センター副所長Rev.Dr. M.M.Yee)(1999年10月~)

9)熱帯林破壊の進行する地域における 各国の枢要大学での「森林保全」教育プログラムに関する研究。インドネシア共和国ガジャ・マダ大学における「森林水文学セミナー」のテキスト作成。継続

10)FSC Forest Stewardship Council による アジア・太平洋地域における森林認証制度(Smart Wood Program, Asia-Pacific Region)に関する、TED「つくば 環境と開発に関する研究機構」における研究・調査。

研究業績(2007年度)

区分 題名 掲載誌・発行所・学会名等 概要 刊行・発表年月
Aa インドネシア国立ガジャマダ大学 森林学部セミナー・テキストConservation of Renewable Resources (単) インドネシア共和国国立ガジャマダ大学森林学部A4 102pages 英文 講義テキストv(森林水文学 改訂) 2007.06
Aa (同) Watershed Management for Soil and Water conservation(単) (同) A4 95pages 英文 講義テキスト 英文 講義テキスト (統合流域管理2006年版を改訂) 2007.06
Bb Japan in the World, The Domain and Nation in The East -The West, The Middle, and The East- RJC Academy Project Letter size 12pages Japanologyテキスト 2008.02
Bb Natural Geography of Japan The Japan Archipelago and its Geography The Domain of 3700 Islands where the Four Continental Plates Meet RJC Academy Project Letter size 27pages Japanologyテキスト 2008.02

学外活動

国際会議運営、同時通訳(英和、和英)、英会話教授、英検1級試験(出題)委員
皇太子(現天皇)通訳(1981) (ECC外語学院 顧問 '76~'79)
国家公務員 上級職(現Ⅰ種)試験合格 採用(上級職、甲種)農林水産省配属(~1991)
SWCS(国際水土保全学会)日本代表委員
IUFRO(国際森林研究機関連合、1892年 創立、111 カ国、700 研究機関、15,000 名)日本事務局
日本林学会誌「森林科学」編集委員
日本林学会「森林学のあり方検討委員会」委員 (学術会議 第6部)
日本砂防学会「砂防をめぐる国際協力委員会」委員
つくば環境と開発 研究機構(TED) 理事長
NGO REFOR (森林再生研究者連合、13か国、3国際機関)常任理事・事務局長
国際協力機構(JICA)国際協力専門家(環境保全、流域管理、熱帯治山、森林工学 部門)
 国際協力総合研修所「技術協力専門家養成研修」講師
NGO「国際協力ミュ-ジアム開設準備事務局」事務局長
 NGO「国際協力ミュ-ジアム研究室」代表
NGO 「LB 図書館船プロジェクト」(ライブラリー・ボート)代表
地方自治体の国際交流推進事業 指導(姉妹都市コンサルタント)
つくば市「筑波研究学園都市問題協議会」内、「国際化問題検討委員会」委員
(財)筑波研究支援センター「社会工学研究セミナー」講師 '94~
埼玉県 「自治体リーダー・セミナー」(聖学院大学主催)講師(環境政策) '94~
埼玉県 「彩の国 県民カレッジ」(県民大学)講師(「環境と文明」)'96~
埼玉県 上尾市「環境審議会」会長 '95~(同市 環境基本条例、環境基本計画 策定)
埼玉県 上尾市「市民大学」 講師 '91~
埼玉県 さいたま市「市民大学」 講師 (旧 大宮市を含め)'91~
菅 直人(衆議院議員, 元 厚生大臣)政策顧問 '81~
上田清司(現 埼玉県知事,元 衆議院議員)政策顧問 '82~