〒362-8585
埼玉県上尾市戸崎1番1号
Tel:048-781-0925(総務課)
欧米文化学科 初年次教育
欧米文化学科 初年次教育
欧米文化学科 初年次教育

留学

欧米文化学科が考える「留学」

 

現在の社会はグローバル社会といわれています。グローバル社会においては、海外との行き来も容易になり、またそれに応じて遠い国で起こった出来事が、身近な生活に直接かかわってきます。そうした社会背景を受けて私たちは「身近な国際人」という理念を掲げ、身近な生活の中で国際的な感覚を養う教育を行ってきました。

こう聞くと、留学の必要性は昔よりも減っている、と思われるかもしれません。しかし、それでもなお、留学が特別な体験であることに変わりはありません。言葉の通じない、習慣も全く異なった場所で時間を過ごすことで得られる知見は、計り知れません。

いや、留学の意味は減っていないどころか、逆に今だからこそ留学する意味があるとさえ言えます。現代社会では、おとなしく学ぶよりも積極的に自ら発信してくことが重要だといわれます。しかし、そうした発信力やコミュニケーション力が必要とされるのは、文化も習慣も異なる他者と接する機会がますます増えているからに他なりません。留学経験は、自ら発信していく必要性を身をもって感じる、あるいはそうしたいと思える機会を得る、またとない体験となるでしょう。

現代社会における留学は、グローバル社会の中で自分を知り、そして自分から発信していく契機へとその意味を変えたといえるでしょう。欧米文化学科は、そうした新しいタイプの異文化体験に積極的に飛び込もうとしている学生を、全面的にサポートしたいと考えています。

留学を身近にするための学科の取り組み

 

留学と聞くと敷居の高さを感じる人もいるかもしれません。しかし、欧米文化学科には、留学を容易にするための制度がいくつも用意されています。

1
ニーズに合わせて留学先を選択
 
欧米文化学科では、学生のニーズに合わせて、「提携校留学」「コミュニティーカレッジ留学」「海外企業インターンシップ」「語学研修」などさまざまな留学プログラムを用意しているので、ひとりひとりが、自分の目的意識に合った留学先を選ぶことができます
2
充実した個別指導
 
また、英語強化プログラムなど、留学に向けての個別指導も充実しており、TOEIC/TOEFLの点数アップのための対策講座などを通じて、留学の夢に確実に近づくことができます。
3
資金面での全面的なサポート
 
さらに、留学先の大学での授業料免除や各種の奨学金制度などで資金面でも留学の実現をサポートします。

2012年度秋学期には、ラグレンジ大学(提携校)に1名、ハイライン・コミュニティー・カレッジに7名の学生が留学しています(過去の留学実績)。「身近な国際人」とは、留学を身近なものにする、という意味でもあるのです。