聖学院大学大学院イメージ
2016~2017年度大学院学生募集要項
出願に際しては、『2016-2017大学院入学試験出願書類』をご利用ください。
⇒入学検定料支払いについてはコチラ(PDF)
⇒ペイジー対応銀行ATM、ネットバンキング、クレジットカードでのお支払いはコチラ
長期履修制度について
2年間分の授業料で2年間を超えて在学できる制度です。学費詳細は資料をご請求ください(アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科博士課程前期、人間福祉学研究科修士の春学期入学者が適用可となります)

募集人員
アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科博士前期課程:5名<シニアコース、長期履修制度利用希望者を含む>
アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科博士後期課程:5名

政治政策学研究科修士課程:10名
人間福祉学研究科修士課程:10名<長期履修制度利用希望者を含む>

出願資格
【修士課程・博士前期課程】
次のいずれかに該当する者とします。
(1)学士の学位を取得した者、及び入学時までに取得見込みの者
(2)外国において学校教育における16年の課程を修了した者、及び入学時までに修了見込みの者
(3)文部科学大臣の指定した者
(4)入学時までに大学に3年以上在学し、所定の単位を優れた成績をもって習得したと本大学院が認めた者
(5)大学を卒業した者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者

【アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科博士前期課程シニアコース】
入学時に満50歳になっている者で、且つ次の(1)~(3)のいずれかに該当する者とします。
(1)学士の学位を取得した者、及び入学時までに取得見込みの者
(2)大学を卒業した者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者
(3)その他【修士課程・博士前期課程】の入学資格に準拠する者

【博士後期課程】
次のいずれかに該当する者とします。
(1)修士の学位を有する者、及び入学時までに取得見込みの者
(2)外国において修士の学位またはこれに相当する学位を得た者
(3)文部科学大臣の指定した者
(4)修士の学位を得た者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者

【出願資格の事前審査】
【修士課程・博士前期課程】の(4)及び(5)、【シニアコース】の(2)及び(3)、【博士後期課程】の(4)に該当を希望する者は、各入試出願期間の1ヶ月前までに「履歴書」「研究希望書」「研究あるいは職務業績書」(以上の書式は自由)、及び「最終学歴の卒業証明書」「最終学歴の成績証明書」を大学院学務課へ提出すること。研究科委員会での事前審査をもって、受験資格の可否を決定いたします。

出願期間
●夏期入試
2016年6月13日(月)~6月25日(土)<消印有効>
《受付時間》平日午前9時~午後8時(土曜日は午前9時から午後5時)


●秋期入試
2016年10月31日(月)~11月12日(土)<消印有効>
《受付時間》平日午前9時~午後8時(土曜日は午前9時から午後5時)
※10月31日(月)~11月4日(金)のヴェリタス祭期間は、午前9時~午後5時

●春期入試
2017年1月30日(月)~2月11日(土)<消印有効>
《受付時間》午前9時~午後5時(2月7日は受付がありません)


※ただし日曜・祝日は受け付けません
志願者は、本大学院所定出願様式に基づいて出願書類を取りそろえ、所定の期日までに下記宛に提出してください。 なお、郵送の場合は「簡易書留速達」とし、封筒に希望研究科を記入 してください。

■提出先
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号
聖学院大学大学院   〇〇〇〇学研究科

*受験する研究科宛に提出してください。

試験日・試験会場
●夏期入試 2016年7月2日(土) 聖学院大学大学院
●秋期入試 2016年11月19日(土) 聖学院大学大学院
●春期入試 2017年2月18日(土) 聖学院大学大学院

選考結果発表
●夏期入試 2016年7月5日(火)  
《秋学期(9月)入学希望者は、入試当日に所定用紙にて申し出てください》
●秋期入試 2016年11月22日(火) 

●春期入試 2017年2月21日(火)

合格者は、午後1時から午後4時に本学内に掲示するとともに、午後4時以降受験者全員に郵送で合否結果を通知します。

選考方法・受験資格
【修士課程・博士前期課程】
●一般入試
選考は筆記試験(英語科目・専門科目)、研究計画書に基づく面接試験のほか、出身大学の調査書等を総合して行います。

[入試科目免除]
以下に該当する者については、筆記試験のうち英語科目の試験を免除します。全員が提出するものに加え、合格(証明)書等を提出してください。

(1)国際連合公用語検定英語試験B級合格者、実用英語技能検定試験準1級合格者、TOEFLのiBTスコアが〔政治政策学研究科・人間福祉学研究科:173点(旧500点)〕 〔アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科:213点(旧550点)〕以上の者、またはTOEICのスコアが〔政治政策学研究科・人間福祉学研究科:600点〕 〔アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科:750点〕以上の者
※TOEFLのiBTスコアについてはテストから2年以内の「Official Score Report(受験者が米国ETSに対して手続きをすることにより受験者が指定する大学・企業・団体等に直接送付されるスコア票)」が必要です。


●留学生入試
外国籍を有する者については、専門科目に関する小論文(日本語)と研究計画書(日本語)の審査及びそれに基づく面接により選考します。ただし、財団法人日本国際教育支援協会の主催する日本語能力試験(一級またはN1)で合格、または独立行政法人日本学生支援機構の主催する日本留学試験(日本語)で275点に達していることが条件となります。なお、日本の大学等を卒業又は見込みの者で、上記の日本語能力資格を満たしていない者は、教務課大学院担当へ相談ください。(原則として、一般入試受験になります。)

●社会人入試
大学卒業後3年以上の者で、かつ入学時に大学等卒業後1年以上の社会人経験※を有する者。小論文(日本語)と研究計画書(日本語)の審査及びそれに基づく面接により選考します。
※社会人経験につきましては、教務課大学院担当へお問合せください。

●シニアコース入試(アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科博士前期課程)
 小論文(日本語)と研究計画書(日本語)の審査及びそれに基づく面接試験により選考します。

【長期履修制度利用希望者】
アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科(博士前期課程)または人間福祉学研究科の受験を希望する者で、下記に該当し、かつ希望する者とします。
(1)就業・家事・育児・介護等に当たるため、修学・研究の時間が制限される者
※留学生は対象にしません。
【博士後期課程】
入学者の選考は、英語試験、出願書類及び面接試験により総合して行います。

出願書類等


【修士課程・博士前期課程・シニアコース】
●全員が提出するもの
(1) 入学願書・受験票・副票〔本大学院所定用紙を使用。副票にある取扱銀行収納印欄に、入学検定料振込みの押印を受けてください。〕
(2) 写真2枚〔出願前3ヶ月以内に撮影したものを入学願書、副票に添付。タテ4cm×ヨコ3cm。正面上半身。脱帽。背景無地〕
(3) 卒業(見込)証明書〔最終学歴のもの、及び大学院修士課程修了者は、大学院の修了証明書も提出〕、あるいは 学位授与証明書
(4) 成績証明書〔最終学歴のもの、及び大学院修士課程修了者は、大学院の成績証明書も提出〕
(5) 入学検定料〔振込依頼書、領収書に必要事項を記入し、銀行等で入学検定料35,000円を添えて振り込んで下さい。ネットバンキングやカード決済も利用可能です。詳細は願書を参照。]
(6) 研究計画書〔志願理由を含めた研究背景、研究テーマ、研究計画及び希望進路について2,400字以内にまとめる。パソコンA4判用紙40字×30行で印字。 また、卒業論文・修士論文等を作成した経験を有する者は、そのテーマ等を記載すること。〕
シニアコース入試受験者は、全員が提出するものに加え、健康診断書(本学所定用紙)を添付してください。
【博士後期課程】
●全員が提出するもの
(1) 入学願書・受験票・副票〔本大学院所定用紙を使用。副票にある取扱銀行収納印欄に入学検定料振込みの押印を受けてください。〕
(2) 写真2枚〔出願前3ヶ月以内に撮影したものを入学願書、副票に添付。タテ4cm×ヨコ3cm。正面上半身。脱帽。背景無地〕
(3) 修了(見込)証明書〔最終学歴のもの〕
(4) 成績証明書〔最終学歴の成績証明書〕
(5) 修士論文(写し)〔またはそれに相当する論文の写し〕
(6) 修士論文要旨〔またはそれに相当する論文の要旨。2,000字程度〕
(7) 研究計画書〔3,500字程度〕
(8) 入学検定料〔振込依頼書、領収書に必要事項を記入し、銀行等で入学検定料35,000円を添えて振り込んでください。ネットバンキングやカード決済も利用可能です。詳細は願書を参照。]
(6)・(7)については、パソコンA4判用紙40字×30行で印字。

●外国籍を有するもの
全員が提出するものに加え、次の書類を添付してください。
(1) 住民票または在留カード〔公的機関が発行し、在留資格及び在留期間が明記されている〕
(2) パスポートの写し〔写真のあるページと在留期間と在留資格印がわかる部分〕
留学生入試を受験する者は、上記にに加え、日本語能力試験(一級またはN1)の合格通知票、または日本留学試験(日本語)点数通知票を提出すること。

●社会人入試
全員が提出するものに加え、次の書類を添付してください。
(1) 勤務先所属長の推薦書〔本大学院所定用紙を使用〕、または入学願書裏面の自己申告書。
(2) 業績報告書、学術論文、研究調査報告等の業績を有する者は、そのコピー及びその概要をA4判用紙横書きにまとめる。

●長期履修制度利用希望者
全員が提出するものに加え、次の書類を添付してください。
(1) 長期履修生申請書〔本学所定用紙を使用。在職証明書(職業を有する者)、その他必要と認められる書類を提出〕


試験内容
【修士課程】【博士前期課程】
  英語科目(60分) 文化研専門科目(60分) 政策研専門科目(60分) 福祉研専門科目(60分) 面接試験
一般入試 「英語」 「小論文1,200字」アメリカ文化学・ヨーロッパ文化学・キリスト教文化学・日本文化学より1題選択 「小論文1,200字」
政治学・経済学・法律学・公共政策学より1題選択
「小論文1,200字」社会福祉学・精神保健福祉学・心理学・児童学・死生学より1題選択 研究計画書に基づく面接
留学生入試 なし 同上 同上 同上 同上
社会人入試(シニアコース) なし 「小論文1,200字」
各研究科ごとの社会常識に基づくテーマ(60分)
同上
※「英語科目試験」は辞書および電子辞書持ち込み可。(通信機能を有するものは不可)
※集合時間:午前10時頃(詳細は受験票返却時に連絡) 
【博士後期課程】
試験科目 英語(60分) 面接試験 (研究計画書に基づく面接)
※「英語試験」は辞書持ち込み可。(通信機能を有するものは不可)
※集合時間:午前10時頃(詳細は後日連絡)

入学手続
(1) 入学手続期間
●夏期入試 2016年7月6日(水)~7月13日(水)
●秋期入試 2016年11月23日(水)~11月30日(水)
●春期入試 2017年2月22日(水)~3月1日(水)
(2) 合格者は上記入学手続期間内に納入金を本学所定の振込用紙により銀行に振り込んでください。 期日までに手続をしない場合は入学を許可しません。
(3) その他、提出書類や手続の詳細については合格者に別途通知します。

学費等納入金(2014年度)
(単位:円)
項目 入学金 授業料 施設費 合計
学費 博士
後期
課程
修士
課程
1年
春学期
280,000 365,000 60,000 705,000
1年
秋学期
  365,000 60,000 425,000
2年
春学期
  365,000 60,000 425,000
2年
秋学期
  365,000 60,000 425,000
 ─ 3年
春学期
  365,000 60,000 425,000
3年
秋学期
  365,000 60,000 425,000

修土課程は標準2年間、博士後期課程は標準3年間です。
「長期履修制度」の利用希望者は、上記標準在籍年限(2年間)分の授業料を3年間または4年間で分割納入することになります。なお、分割納入できるのは授業料のみです。(詳細は「長期履修制度募集要項」参照)
上記納入金のほか、入学時に保険料(修士1,750円、博士2,600円)を納入していただきます。(「長期履修制度」利用希望者の保険料については「長期履修制度募集要項」参照)
上記納入金のほか、後援会年会費5,000円を納入していただきます。
入学時納入金は修士課程、博士前期課程711,750円、博士後期課程712,600円になります。
入学手続後の入学辞退につきましては、2017年3月31日(必着)までに本大学院所定の入学辞退届(保証人連名のこと)を提出した者に限り、入学金を除く納入金を返却します。
入学後、任意による「聖学院教育振興資金」のご協力をお願いします。
学内進学者について修土課程、博士前期課程は入学金半額、博士後期課程は入学金を除きます。
アメリカ・ヨーロッパ文化学研究科シニアコースは、標準修業年限2年のところを3年、または4年まで延長することが可能です。この場合、原則として修業年限の延長に伴う学費の負担はありません。


《入学試験に関するお問い合わせは》
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1番1号 聖学院大学教務課大学院担当[入試窓口]
(TEL)048-780-1801 (FAX)048-780-1804
(E-mail)gradschool@seigakuin-univ.ac.jp