政治政策学研究科 【修士課程】
Graduate School of Politics & Policy Studies

実践的な政策立案を追究。

デモクラシー思想を基盤に、現代社会のさまざまな課題を解決へと導く政策を探ります。税法から公共政策、そして経済・政治思想まで、学生のニーズに対応する科目群を設置。地域社会から国際社会まで幅広く政策立案できる、実践力のある職業人、研究者を養成します。

本研究科の魅力

  • 現実的な政策立案ができる、高度な職業人・研究者を養成。
  • 「政治・政策」、「税法」、「会計」、「公共政策」の4つの科目群を設置。
  • 税法科目群では税法科目3科目中2科目免除の申請が可能。
  • 教職資格は1ランクアップの高等学校専修免許状(公民科)。
  • 70%以上が社会人! 働きながら学べる昼夜開講制とセメスター制を実施。