人間福祉学研究科 【修士課程】
Graduate School of Human Welfare Studies

質の高い人間福祉を追究。

プロテスタント・キリスト教精神に基づいた本学の伝統を核としながら、福祉の諸問題に対応する教育研究を行います。従来の社会福祉研究の知識に加え、教育学視点やスピリチュアルケアの知識を持ち、人間の様々な場面でのニーズに応えることができる質の高い人間福祉を探求します。

本研究科の魅力

  • 高度な専門性と研究能力を備えた福祉・介護の指導者・実務者の養成と、高齢者、障害者、ソーシャルワーク等に関する実践的研究。
  • 児童学を基盤とする高度な専門性と研究能力を備えた指導者・実務者の養成と、子どもの発達・子育て支援に関する実践的研究。
  • 現代人が向き合う生と死の問題を、身体的側面、精神・心理的側面、社会的側面、スピリチュアルな側面から統合的に探究。
  • 働きながら学べる昼夜開講制とセメスター制を実施。