人間福祉学科 学科について

人間福祉学科について

「だれもが共に幸せに生きる社会」を目指すため、現代社会の課題を見出し、
人と社会に関する知識・技術を身につけ、
やさしい街づくりや温かい人間関係の形成につなげます

さまざまな世代の、さまざまな環境にいる人びとが互いの違いを認め合い、尊重し合いながら、前向きに生きてゆける社会の実現に向けて、人間福祉学科では人と社会を理解するためのカリキュラムを用意しています。社会福祉学と心理学をベースに現代社会の課題を見出し、だれもが共に幸せに生きる社会を目指すための知識や技術を、具体的な事例を通して学んでいきます。その学びが、やさしい街づくりや温かい人間関係の形成につながり、将来の社会での活躍につながっていきます。


求める学生像

  • 広く人と社会について考え、体験し、その中で自分の進路を探そうとする人
  • 社会のさまざまな場面で「人の役に立つ」人になりたいと希望している人
  • 一般企業で福祉や心理の知識を活かしながら働きたい人
  • 社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得し、有資格のソーシャルワーカーになることを希望する人
  • 心理学の知識を習得して認定心理士の資格を取得し、心理専門職になることを希望する人

教育方針(ポリシー)