こども心理学科 ゼミ一覧

ゼミ名 【教員名】 ゼミの内容

家族心理学【村上純子 先生】       
家族療法の学びをベースとして、演習を進めます。3年生になると、ゼミ生が各自のテーマを設定し、卒業論文を書くことを目的として研究を進めていきます。例えば、「しつけの問題」「反抗期」「友達親子」「少年非行」などがテーマとして選ばれています。 

ecalbt011_007.jpg


特別支援教育【井上知洋 先生】       
認知心理学を中心に、子どもの心の働きに関する基礎的な理論について学びながら、それらが実際に応用されている学習支援のあり方などに触れていきます。

ecalbt011_007.jpg


発達心理学【金谷京子 先生】
実際に子どもと触れ合うボランティアの機会をもち、子どもと触れ合いながら子どもの発達について学びます。
IMG_6847.JPG 


相談の心理学【竹渕香織 先生】
カウンセリングの理論・技法を中心に、様々な相談・援助活動について学びます。その中から自らの関心や疑問に目を向け、探求したいと思うテーマを見つけていきます。調査・レポート作成・発表・ディスカッションを行いながら、研究法の基礎を習得することを目的にしています。
IMG_6732.JPG 


子どもの健康【齊藤理砂子 先生】
現代を生きる子どもたちが抱えている健康問題や課題、そして、それらの対処法、支援方法について、ともに考えることにより、理解を深めていきます。また、「子どもの健康」という広いテーマの中から、各々が探索していきたいと思う内容を見つけ出し、研究活動につなげていきます。


 倫理学【原一子 先生】
こどもに向き合い、寄り添う人は、また自己の倫理観をしっかりと確立し、こどもに伝えることが必要です。「倫理学」ゼミでは、倫理学の古典的名著を精読し、「より善く生きる」とはいかなることかを共に学びます。


日本文化学【渡辺正人 先生】
日本文化と心意の関係について学びます。心は文化によっても差異が生じますが、それはどのようなものなのか、また、「日本人」的な心の特性はどのようなものなのか、を中心に考えます。いわば、人間の生み出した文化から、人間を探ります。
IMG_6451.JPG 


学校保健学・健康教育【和田雅史 先生】
学校における子ども達の発育発達という視点から、子ども達の健康や安全について考えていきます。学校保健あるいは健康教育の基礎的知識を学び、現代的課題について皆で討議していきます。また、実際の学校の現場における調査などを通して、学校保健学領域の今日的課題に対する研究を深めていきます。