子どもたちは絶えず成長していく。その変化を見逃さない先生になりたい。

【インタビュー】子どもたちは絶えず成長していく。その変化を見逃さない先生になりたい

瀬戸咲江 さん(児童学科2016年3月卒業)

聖学院大学では幼稚園・小学校、両方の教員免許状が取得でき、学びを通じて子どもの成長過程を一貫して知ることができると思い入学を決めました。

印象的だったのは「模擬授業」です。教材研究から行うのでとても忙しく、絵本を読むにしてもそれを使って何を伝えるのか、自分の考えがまとまっていなかればなりません。さらに小学校教育実習では、大学での模擬授業のようには授業がうまくいかず、人知れず泣いてしまうこともありました。
ある日、実習先の先生から「授業は生きもの」と教えられ、なるほどと思いました。子どもはつねに成長し、こちらの予定通りにはいくはずがないのです。その場そのときに対応しながら子どもたちを見守り続ける。そんな先生になりたいと考えています。