2013年度聖学院大学・大学院入学式(報告)

日程
2013年4月1日(月)
時間
10:00–12:00
会場
聖学院大学
04.JPG

報告レポート

4月1日(月)に、2013年度聖学院大学・大学院入学式が行われました。
式典はキリスト教礼拝形式で行われ、入学生・教員は全員ガウンを着用して参加しました。

式では、聖書朗読、祈祷、聖歌隊やハンドベルによる讃美奉献のほか、新入生の点呼、宣誓、言葉、学長による式辞などがありました。

学長式辞「人は学びによって変えられる」では、絵本『たいせつなきみ』の紹介により、学生一人ひとりが大切な人間であること、また、考える時間の大切さ、他者の痛みを分かち合うことなどにより人が変わることなどが語られ、これからの学びの多様性や奥深さが強調されました。


なお同日付で就任した姜尚中全学教授は、新入生に向けての祝辞を述べました。
姜全学教授は、「自分の知らない自分を4年間で発見してほしい」「本学で師と仰げる人との出会いが必ずある」「愛のある業の大切さ」を語りかけました。

そして、本学では公務員や教員、社会福祉士など、地域の現場で働くための教育に力を入れていることに触れ、「地域社会を支える人となり、4年間の様々な出会いを通じ、愛を失わずに孤独から連帯へと開かれた人生を送ってほしい」というエールが送られました。


 

当日の様子


 

関連情報はこちら