5/13 第4回 埼玉税法研究会

日程
2017年5月13日(土)
時間
13:00-16:30(開場 12:30)
会場
聖学院大学 ヴェリタス館教授会室

関東信越税理士会二時間認定研修

基調講演: 木村裕二
(聖学院大学大学院政治政策学研究科特任講師・元弁護士)

開会挨拶: 吉川保弘 埼玉税法研究会会長
(聖学院大学大学院政治政策学研究科特任教授)

主催 聖学院大学総合研究所 埼玉税法研究会

170513zeihoukenkyukai_420.jpg

5/13(土)埼玉税法研究会を開催いたします。2015年9月に設立された埼玉税法研究会は、今回から第一部の基調講演は関東信越税理士会の認定研修となります。税務・会計関係の事務所に勤務の方、さらに、税法コースでの大学院進学を検討されている方々はもちろんのこと、特に裁判実務に関心のある方々の参加を期待しております。

第4回 埼玉税法研究会のご案内

画像をクリックすると拡大版PDFが表示されます
画像をクリックすると拡大版PDFが表示されます

2015年9月に設立された埼玉税法研究会は、今回から第一部の基調講演は関東信越税理士会の認定研修となります。税理士に必要とされる年間36時間の研修のうちの2時間として認められます。当日受付で名簿に記入していただければ、本会から関東信越税理士会にお届けして認定研修時間として登録されます。(関東信越税理士会以外の税理士の方も「受講時間認定申請」ができます。)

税務・会計関係の事務所に勤務の方、さらに、税法コースでの大学院進学を検討されている方々はもちろんのこと、特に裁判実務に関心のある方々の参加を期待しております。今回の基調講演のテーマである「同時廃止」とは、破産処理を手早く簡易に済ませる手続を独自に工夫したもので、それは社会的弱者を救済するためのものです。法律の冷たい条文から、いかに社会的正義を実現するのか、それを一緒に学ぶ機会です。

  • 【日 時】 2017年5月13日(土) 13時00分~16時30分
  • 【会 場】 聖学院大学(ヴェリタス館教授会室)開場12:30(最大延長17:00)
  • 【プログラム】
    1. 開会挨拶 吉川保弘 埼玉税法研究会会長 (聖学院大学大学院政治政策学研究科特任教授)
    2. 第一部 基調講演「破産法の実務と課題~同時廃止手続きを中心に」
      木村裕二 (聖学院大学大学院政治政策学研究科特任講師・元弁護士)
    3. コーヒーブレイク(歓談のひととき)
    4. 第二部 政治政策学研究科院生による修論構想報告会
  • 【司 会】 柴田武男(聖学院大学大学院政治政策学研究科教授)
  • 【定 員】 100名
  • 【参加費】 無料
  • 【主 催】 聖学院大学総合研究所 埼玉税法研究会

 

交通アクセス

JR高崎線「宮原駅」、JR埼京線(川越線)「日進駅」「西大宮駅」にて下車。
宮原駅、西大宮駅からは、スクールバスが運行しています。
※車での来校の場合、事前にお問合せください。

お問合せ

聖学院大学 総合研究所

 埼玉県上尾市戸崎1番1号
 TEL:048-725-5524 / FAX:048-781-0421

関連情報はこちら