ハートマーク
『こどもの心にそっと寄り添う 第4集』

東日本大震災より4年。
当事者だけでなく皆で、今必要な子どもの心の課題を考えます。
冊子『子どもの心にそっと寄り添う-五年目の心のケアと教育の課題-』を発行。無料配付を行います。


 聖学院大学人間福祉学部こども心理学科は、東日本大震災を覚え、2012年より毎年、家族や保育士、教師などの支援者に向けた小冊子『子どもの心にそっと寄り添う』を制作してきましたが、2月20日、第4集を発行します。

 今回の第4集では、震災からもうすぐ5年目の今、必要な子どもの心のケアや教育の課題に焦点をあて、被災地に住む家族や保育者や当事者だけでなく、皆が、「自分事」として、「やるべきことを見つめ直す」きっかけになるよう制作しました。

 具体的には、下記の4つの特集を企画しました。1)被災地・避難所の子どもの心のケアやボランティアの注意点について、臨床発達心理学者で、本学こども心理学科の金谷京子教授の話、2)本学の釜石市でのボランティアセンターの取り組みや、こども心理学科の学生の声、3)経済的理由で進路に悩む、東北の子どもたちを応援するファイナンシャルプランナー、首藤寛之さんの寄稿、4)最後に、岩手県田野畑村の障害者支援施設、NPO法人ハックの家を取り上げます。

 そのほか姜尚中学長のメッセージ、読者の声として、冊子の感想、子どものケアに関わった方のエピソード等も掲載します。2月20日頃完成予定。希望者に無料で送付いたします 。

『子どもの心にそっと寄り添う-五年目の心のケアと教育の課題- 第4集』表紙

『子どもの心にそっと寄り添う-五年目の心のケアと教育の課題- 第4集』(無料)

【内容】
●被災地、避難所の心のケア
●岩手県釜石市復興支援ボランティアスタディツアー
●東北の子どもたちの経済的な問題と夢のチカラ
●障害者支援施設インタビュー ハックの家
●読者の声
●姜尚中 学長メッセージ
●子どもの心のケアに役立つサイト 等

【執筆者】
姜尚中(聖学院大学学長)
窪寺俊之(聖学院大学こども心理学科長、聖学院大学大学院教授)
金谷京子(聖学院大学こども心理学科・教授)
川田虎男(聖学院大学ボランティア活動支援センター)
首藤寛之(ファイナンシャルプランナー)
NPO法人ハックの家

【編者・発行】
聖学院大学人間福祉学部 こども心理学科 (非売品)

【発行日】
2015年2月20日予定

【判型】
B6判ブックレット36ページ(予定)

【問い合わせ先】
聖学院大学広報局広報課(TEL 048-780-1707)

【お申込み方法】
名前、送付先住所、電話、目的、部数をお書きの上、E-mailまたはFAXでご連絡下さい。
第2集、3集もご希望の方はメッセージにお書き下さい。
E-mail:pru*seig.ac.jp  FAX :048-725-6891
(E-mailアドレスは、「*」を「@」に変更してお送りください)

⇒申し込みフォームはこちら

>>[参考]
子どもの心にそっと寄り添う 第1版詳細はコチラ ※現在配布は行っておりません
第1版の元となった、書籍「被災者と支援者のための心のケア(有料)」のお求めはコチラ