内定者の声 voice05 「仲間がいたから頑張れた」

内定者の声をご紹介します。

「仲間」がいたからがんばれた。

児童学科2014年3月卒業
平子大樹 さん
埼玉県公立小学校教員

先生になりたくて教職課程を履修しましたが、採用試験が難しそうに思え、チャレンジする前から無理だと半分あきらめていました。そんな自分が「本気で先生をめざそう」という気持ちになれたのは、同じ目標をめざす仲間と出会えたからです。毎日『教職支援センター』に集まり、外が真っ暗になるまで勉強。励まし合いながら勉強を続けました。3年生のとき大学の推薦で埼玉県教員養成セミナーを受講し、特別選考で採用試験に合格しました。


 

私のおススメサポート→「教職支援センター」

教員になれたのは、「教職支援センター」があったから、という人が少なくありません。教員志望の仲間たち、そして「教員採用試験なら、この先生」という頼れる存在がいます。教員をめざすなら聖学院大学。全国の採用試験を熟知する先生の指導が受けられます。集中して勉強できる自習室には参考書や問題集が豊富です。