キャリアサポートプログラム

聖学院大学のキャリアサポートは、単なる就職活動の支援にとどまらず、一人ひとりの人生観、職業観を視野に入れた指導を行っています。自分にとって「働く」ことの真の意味を理解し、社会人としての心構えを身につけられるように、さまざまなカリキュラムを用意しています。また、教員試験対策および公務員試験対策や、めざす資格の取得に向けた講座も充実しています。

学生が自分の進路を考えて、準備・活動を行うことに対して、聖学院大学のキャリアサポートセンターはあらゆる角度から支援しています。現在、企業が大学生に求めているのは大学4年間を通じて何を得たかであり、何を経験したかです。入学後の早い段階から自分自身のキャリアプランニングを意識して、大学生活の目標・テーマを決めることを推進しています。また大学に入学する前の段階で自信を喪失している学生に対しては、必ず誰にでも長所や「強み」があることに気付かせて自信を取り戻させる支援を行なっています。
1年次から4年次まで多彩なプログラムを用意し、学生個々のニーズに対応して、より良いキャリア形成のための支援を行なっています。

キャリアサポートセンターの様子
キャリアサポートセンターの様子

心構え・準備 自己分析

大学生基礎力調査(1年次)

入学時のガイダンスで新入生全員が実施する自分自身を明確にしていくための自己診断テストです。この調査では自分の性格、能力の強み、興味のある職業、学習スタイルを知り、標準的なデータなどと照らし合わせることで、自分自身の理解を含め、自分のやりたいことに気づき、そのために今何を学ぶべきかをはっきりさせることができます。


 

キャリアアプローチ(3年次)

1年次から「自己理解」や「自己発見」、「職業理解」による目標設定の具体化を進めていきます。そして、3年次が始まる直前に自己診断テスト「キャリアアプローチ」を実施します。これまでのキャリア構築をかえりみながら、これからの長い人生に大きな意味のある「進路選択」を明確にし、企業へとアプローチしていきます。


 

オンリーワン発見ゼミナール(1・2年生対象)

1・2年生を対象とした就活支援プログラム。自分の長所に気づき、その長所を最大限に活かして、充実した学生生活を過ごすことが、結果的にはより良い就職につながるという考えに基づき、誰もが持つその人だけの「オンリーワン(強み)」を引き出す講座です。


 

キャリアデザイン(就職ガイダンス)

3年次になると就職活動の準備が本格的に始まります。5月~6月にかけてキャリアアプローチの結果を参考にしっかり個人面談が行われます。その後で就職ガイダンスが毎週のように連続して行われます。OB・OG講演会、採用試験対策、心構えからテクニック指導まで様々なプログラム内容の講座を実施します。


実践

内定GET講座

就職活動で一番のポイントの面接対策を中心とした実践講座です。企業の人事担当の方に学内にきていただき、本番さながらの模擬面接が体験できます。


学内会社説明会

学内で実施する会社説明会なので、聖学院大学を評価していただいている優良企業が数多く参加しています。本学の卒業生が企業側の相談者として参加することも少なくありません。毎年12月と2月には多数の企業が参加する合同会社説明会を開催している他、毎週水曜日に開催する水曜学内会社説明会があります。