graduates輝く!先輩たち

[写真]森田貴士さん

森田貴士さん

政治経済学科卒
ジャパンビバレッジイースト 勤務

オープンキャンパスに参加した際、僕が野球をやっていたことを話すと「じゃあ野球と経済の関連を研究してみれば」と言われ、そんなこともできるのか!?ととても興味を持ちました。今、自動販売機のルートセールスをやっています。受け持つ地域を巡回して積み上げた情報と傾向などを分析し、仮説を立て、輸入商品の選定や組み合わせをするのですが、的中して商品の売れ行きにつながった時は実にうれしいですね。どうしたら良い方向にいくのかつねに「考える力」が大学時代に身につきました。

[写真]近藤あゆみさん

近藤あゆみさん

欧米文化学科卒
東急リゾートサービス 勤務

私は今、ホテルでブライダルプランナーをやっています。希望のホテル業界で働くことができてとてもやりがいを感じていますが、一生の思い出になるブライダルの仕事はプレッシャーの連続で、想像以上に手の抜けない仕事がいっぱい。だからこそ、いつも明るく素直なディスカッションを重ねることで、お客様と一緒に楽しめるよう心がけています。大学時代、副専攻で苦手な分野である政治経済学科の授業に取り組んだ経験が、チャレンジングな姿勢として、今につながっていると思います。

[写真]山口雄大さん

山口雄大さん

人間福祉学科卒
荒川区社会福祉協議会 勤務

私は社会福祉協議会で移動支援サービスのコーディネーターとして、ガイドヘルパーと利用者のニーズを調整し、視覚・知的障がいのある方の社会参加を支援しています。もともと「人の役に立つ仕事がしたい」という思いはあったものの、大学1年の頃は勉強にもやりがいを持てない時期がありました。しかし大学のボランティア活動に参加するようになり、人と人がつながり、お互いに助け合える環境をつくりたいと強く感じ、社会福祉協議会を志望するきっかけとなりました。

[写真]中村明子さん

中村明子さん

日本文化学科2014年入学

「好きな分野を深めたいだけ深めることができる」。オープンキャンパスで先生に言われたそのひと言に背中を押され、日本文化学科に入学しました。好きな小説を勉強できるだけでなく、ポップカルチャーも学びたい、でも国語教員の免許も取りたい。やりたいことの多い自分にはぴったりでした。ひとりの作家について先生がエピソードを交えて深く掘り下げてくれたり、著名な作品が書かれた理由や時代背景を詳しく学んだり。好奇心がどんどん広がっていく実感があって、毎日が楽しいです。

[写真]有原詩織さん

有原詩織さん

こども心理学科2013年入学

近所の小さい子たちと日常的に遊んできたことからこどもが好きで、私が気づかないような発見ができる感性に興味がありました。この学科を選んだのは、こどもに寄り添える力を実践的に身につけられると聞いたからです。聖学院大学はキリスト教関連科目がありますが、私は「キリスト教と心のケア」という授業がとても好きです。キリスト教という視点から心理学を見てみると、また別な考えや知識が広がっていきます。卒業後の進路は模索中ですが、児童相談所などでこどもと接する仕事に就けたらと考えています。

about秋入学だから可能ないろいろなメリット

10月(秋学期)入学制度は帰国生や既卒生にとって次の年の4月まで入学を待つ必要がないなどメリットが多くあります。また聖学院大学ではセメスター制(半年間の学期ごとに授業が完結し、単位を取得する制度)のメリットが生かせるように週に2回の授業を行い、1セメスターで講義が完結するようになっています。一週間に一度というペースで学ぶよりも、集中してひとつの科目を学んでいく方が学習効果も高いといわれており、ここに聖学院大学の「入って伸びる」という秘密が隠されているといえます。

14年連続で「面倒見のよい大学」に選出

少人数教育

聖学院大学は、学生と教員が身近に接する少人数教育を基本にしており、学生一人ひとりの可能性を見逃さずに引き出します。多くの授業は50人以下で実施、語学や演習など積極的な発言や受け答えが必要な授業ではもっと少ない人数で行います。

手厚い就職サポート、資格取得サポート

秋入学でも、新卒採用としてさまざまなサポートを受けることができます。単なる就職活動の支援にとどまらず、人生観、職業観を視野に入れた指導を行っています。OB・OG講演会、採用試験対策、学内会社説明会などさまざまなカリキュラムのほか、教員試験対策、公務員試験対策、めざす資格の取得に向けた講座も充実しています。

topics聖学院大学の4つの特長

[イメージ]他学部・他学科の履修

他学部・他学科の履修

専攻とは違う他学部・他学科の科目を履修して、新しい視野と知識の幅を広げることのできる学際教育の履修システムを採用しています。たとえば商社や外資企業で働きたいと考えている欧米文化学科の学生が政治経済学部の授業で学べば、必ずや将来の役に立つでしょう。全学科の学生が履修できる教養科目の設定もあります。

[イメージ]国際力が身につく学内外交流

国際力が身につく学内外交流

知識と実践を培う語学研修留学は、一人ひとりの目的や目標にあわせたさまざまなプログラムを展開。留学期間も春休みや夏休みを利用した一ヶ月期間をはじめ、1学期間、一年間と選択が可能です。また学生の約1割が留学生という、学内でもつねに外国語に触れる環境があります。

[イメージ]悩みに応えるオフィスアワー

悩みに応えるオフィスアワー

授業以外でも学生が教員とコミュニケーションできる「オフィスアワー」。各教員が設けている時間に、研究室を訪問して、わからないことへのアドバイスや、資格取得や進路についてはもちろん、学生生活に関することなど、あらゆる悩みを相談することができます。

[イメージ]アセンブリアワー

アセンブリアワー

学生と教員が一緒になって学ぶアセンブリアワーは聖学院大学の特色のひとつです。学内外の講師による講演会で幅広い知識と教養を身につけたりできるほか、学生の活動報告など、さまざまなプログラムが実施されている。(2014年度実績:文化公演会「ヒダノ修一の世界」/「地域とサッカービジネス(大宮アルディージャ社長)」他)

seminarsゼミで学ぶこと

[イメージ]政治経済学科「平和学」小松崎利明助教

政治経済学科「平和学」

小松崎利明助教
社会科学の領域で蓄積されてきた平和研究の学問的成果を学び、現代世界が抱える諸問題と結びつけて考えることで、「平和」について多様な視点から考える態度を養います。

[イメージ]欧米文化学科「国際理解」M.サベット教授

欧米文化学科「国際理解」

M.サベット教授
世界が直面している、貧困、森林破壊、教育の欠如などの根本的な問題を知り、その原因について学びます。そして、これらの諸問題が人びとにどのような影響を及ぼすのかを学びます。

licenses取得可能な資格・免許

[図表]取得可能な資格・免許

教職支援センターをはじめ、就職活動を有利に導く資格取得を積極的に支援しています。以下のものが取得可能です。

・高等学校教諭一種免許状(地理歴史、公民、英語、国語、保健、福祉)
・中学校教諭一種免許状(社会、英語、国語、保健)
・司書資格、司書教諭資格、特別支援学校教諭一種免許状、日本語教師資格
・社会福祉士(国家試験受験資格)、精神保健福祉士(国家試験受験資格)
・認定心理士(日本心理学会が認定する資格)、社会福祉主事任用資格、社会教育主事任用資格、児童福祉司任用資格、社会調査士(社会調査協会認定資格) 他

future卒業後の進路

[図表]卒業後の進路

2015年3月卒業生は、就職率81.7%。

「人前で話すことが苦手」「志望が決まらず焦った」。内定を勝ち取った先輩たちも、そこへ辿り着くまでには紆余曲折を体験しています。初めは自分の道がわからなくても、聖学院大学に入学し、いろいろな出会いを繰り返しながら、次第に自分が輝ける道を見つけました。

about us聖学院大学について

聖学院大学は、開学の当初より「聖学院大学の理念10ヵ条」を擁し、プロテスタント・キリスト教の精神に基づく人格教育を行ってきています。それは、神によって創造されたかけがえのない存在である学生を愛し、その魂の健全な成長を配慮しつつ、リベラルアーツを基盤とする専門教育をとおして各人の個性を引き出すことに繋がります。

聖学院大学 アドミッションセンター
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1 Tel: 048-725-6191