AO入試で求める学生像

2018年度のAO入試募集要項です

政治経済学科

実社会に出る前に、ちょっと考えてみよう。社会人になるために、視野を広げ、自分の意見を持ちたいと思いませんか。家族、地域社会、職場などでの話題や、日本と世界の抱える課題を、基礎から深く学んでみたいと思う人、そして、自分が育ってきた社会を、次は担っていかなくてはならないと感じる人に向いています。机の上の学びだけではなく、体験的、そして実践的な学びをしたい人や、言われたとおりに行動するのではなく自分で考えて行動したい人を求めています。

欧米文化学科

ヨーロッパやアメリカの文化に触れることで、自分の視野や考え方、生き方、行動力を広げたい人を求めています。社会で必要となる理解力・考察力・文章表現力・コミュニケーション力などを伸ばして、国内外で活躍したい人を大いに歓迎します。

たとえば、世界史が好きな人、神話や伝説に興味がある人、外国の映画・音楽・文学・美術・デザイン・街並み・慣習やキリスト教に関心のある人、英語が好きな人や英語をきちんと学びなおしたい人、海外留学したい人、英語以外の外国語も学びたい人、外国と日本の文化の架け橋になりたい人、将来海外に関わる仕事がしたい人、海外旅行が好きな人、子どもに英語を教えたい人、英語教員になりたい人を求めています。

日本文化学科

趣味も含めて「自分は○○に熱中してきた」と自信を持って語ることのできる人。日本文化について調べることが楽しいと感じる人。海外などでの異文化経験を通して、日本について学び直したいと考えている人。表現することが好きで、詩や小説の創作、演劇活動などをしてきた人。部活動や自主的な活動などで、何かに一生懸命打ち込んできた人──。そんな人たちも求めています。

また、本が好きで、将来は図書館司書になりたいと考えている人。人と接することが好きで、将来、国語科教員や日本語教諭になることを志している人──。そんな人たちも大いに歓迎します。

児童学科

アドミッション・ポリシーをふまえて、児童学科で学ぶことに関心と意欲をもっている人。自己の将来像や展望を児童学科での学びに関連づけて考えていきたい人。子どもの生活や状況について、他人事とせずに考え、自らの学びの課題と希望をもって探究していきたい人。このような、自らの関心や意欲、そして考えを、志望理由に表している人を求めます。

心理福祉学科(2018年4月開設)

①人の「こころ」を理解したいと思う人、人と社会の関わりに関心がある人。
②他者を理解し、共感し、支援する能力をもちたいと思う人。
③ともに生きる社会の実現を目指して、社会のさまざまな場面で「人の役に立つ」人になりたいと希望している人。
④公認心理師の資格を取得して、心理専門職になりたい人。
⑤社会福祉士・精神保健福祉士の資格を取得して、ソーシャルワーカーになりたい人。

2018年度AO入試ガイド(要項PDF)をご覧いただけます

AO入試【講義型】・【レポート型】・【英語特別】はネットエントリーが可能です。