育てる人になろう
人文学部 児童学科
2018年4月開設予定【設置構想中】

※学部学科の概要は予定であり、変更になる場合があります

人間福祉学部 そして 人文学部へ

児童学科は、1975年に女子聖学院短期大学に創設されて以来、40年以上の歴史と伝統をもっています。
このたび、児童英語教育と特別支援教育を新たに加えて、保育士・幼稚園教員・小学校教員・特別支援学校教員・児童指導員など
育てる人になって、子どもと共に未来を生きる人を養成します。

NEWS

児童学科の学び

子どもを知り、自分を知り、世界を知る。

  • 保育・教育
    子どもがもっている可能性を大切に育て、子どもの学びをしっかりと支えて導いていく保育・教育のあり方について学びます。
  • 特別支援教育
    発達の支援を必要としている子どもたちのために、一人ひとりに合わせた生活や学習の支援について専門的な知識や技術を学びます。
  • 心理
    子どもの心や行動を理解して、子どもの発達や学習の状況に応じた保育・教育を実践するために必要な理論と方法を学びます。
  • キリスト教教育
    キリスト教保育・教育をとりいれている保育所や幼稚園があります。埼玉県内でキリスト教保育・教育を学べるのは、聖学院大学だけです。
  • 児童福祉
    福祉は「しあわせに生きる」を意味します。18歳までの子どもがおとなと共に自分らしく安心して生きていく人間社会のあり方を考えていきます。
  • 児童文化
    絵本やおもちゃ、遊び、食事や衣類など、子どもに親しまれている身近なものごとに目を向けて、子どもの生活と文化について考えていきます。

言葉に心を込めよう。

充実した内容の基礎教育が開かれています。コミュニケーションの基本となる、読む力・書く力・聞く力・話す力・伝える力をしっかりと身につけることができます。人と人を結ぶ言葉を実感して学びます。

楽しく英語を学ぶには…

小学校に英語教育が導入されています。子どもたちが初めての外国語に興味をもって楽しく学んでいけるような環境づくりが必要です。英語教育に定評のある聖学院だからこそ、児童英語教育実践の理論と方法が学べます。小学校英語指導者養成講座が好評です。

海外研修で、視野を広げよう。

国籍の異なる子どもたちが日本で学ぶ時代となり、広い視野と国際性をもつ保育者・教育者が求められています。希望者は、フリンダース大学(オーストラリア)の研修プログラムに参加して、英語、児童学、異文化を学びます。

実習で実践力を高めよう。

実習準備室と教職支援センターの経験ゆたかな専任スタッフが学生の相談に応じて実習をサポートしています。また、専任教員が学生一人ひとりにきめ細やかな実習指導をしています。学外での実習を重ねていくことで、子どもと共に生きる専門職として、育てる人になっていきます。

子どもの思いを感じてみよう。

さいたま市との協定による「アシスタントティーチャー」や「学習支援ボランティア」をはじめ、近隣の学校からの依頼による派遣、また、子育て支援に関する行事等のスタッフなど、様々なボランティア活動に参加する機会がたくさんあります。子どもたちとの交流を通じて、意外な自分を発見することもあります。

仲間と励ましあって学ぼう。

教員採用試験合格に向けて、小学校の校長経験のある専任教員が支えます。教職支援センターには、試験に関する教材や資料、先輩たちからの情報が豊富にあります。また、公立保育所・幼稚園への就職をめざす学生には、公務員試験対策講座が開かれています。

資格・就職

取得できる資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(申請中)
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
  • 児童指導員任用資格 ※1
  • 小学校英語指導者資格 ※2
  • 学校図書館司書教諭資格
  • おもちゃインストラクター ※3
  • 図書館司書資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 日本語教師資格 ※4
  1. 児童福祉 施設などで「児童指導員」として勤務する際に必要となる資格
  2. 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)認定
  3. NPO法人日本グッド・トイ委員会認定資格
  4. 法的資格ではありませんが、「日本語教員養成課程」で必要科目を修得することで本大学の修了証明書が取得可能になります。

※特別支援学校教諭一種免許状については申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

将来の活躍する分野

  • 小学校教員
  • 特別支援学校教員
  • 幼稚園教員
  • 保育士
  • 児童福祉施設職員
  • 児童養護施設職員
  • 児童自立支援施設職員
  • 児童館職員
  • 公務員
  • 一般企業